口腔ケアその4(誤嚥性肺炎、口臭)




F)口腔清掃(ケアー)の中心は細菌との戦い

その1)誤嚥性肺炎
朋心会の資料参照

健康な人でも50%の人は、誤嚥をしているといわれています。
肺炎は日本の死亡原因の4番目です。
65才以上では死因の一番です。
口腔咽頭の細菌が知らないうちに(silent aspiration)肺に吸引されて、肺炎を引き起こす。
就寝中には嚥下反射が低下しており、不顕性誤嚥がおこる。
ADL(activity of daily living)の低下した高齢者や、寝たきりの老人に多い。
この老人性肺炎は、気道などの微絨毛の活動が低下し、異物の排除機能が低下している為に、細菌が気管支や肺にまで運ばれるが、感染防御機能も低下している為に、肺で増殖してしまうのです。 老人性肺炎の原因菌は 歯周病原因細菌とも言われていますが、まだ証明されていないようです。関与はしているようですが。(保険医協会のPM参考)

その1)誤嚥性肺炎
食物をうまく摂取できない為、食物そのものが異物となって肺炎を引き起こしたりもするが、食物と一緒に細菌が入り込んだ場合は、重篤な肺炎となる事が多い。大きい食物が気管に入った時等は、咳で排出されるのですが、微細なものなどで、上手く排出されない時が問題になるのです。不顕性誤嚥と言われる所以です。

肺炎の予防
ADLを低下させない事が一番大切。
食事の時、そして食事の後もしばらくは、おこした姿勢でいる事が
誤嚥を防ぐ事になり、肺炎の予防にもなるとされています。
口腔清掃を中心にした oral health care が大切です。
ブラッシングなどの物理的清掃
抗菌作用のある洗口剤の使用
粘膜、舌、義歯の清掃も忘れないで下さい。

その2)口臭
もちろん 重症の歯周疾患では口臭が強いです。しかしその他に食べ物などの臭いとは別に生理的な口臭も問題になる事があります....
特殊な口臭を除き、通常の口臭の原因は、揮発性硫黄化合物(VSC)です。 (VSC:Volatile Sulfur Compounds )
VSCには、多くの化合物が含まれますが、通常は、硫化水素.メチルメルカプタン.ジメチルサルファイドの3種が単独または、混合で口腔内の空気中に含まれます。
生理的口臭は、舌背の後方部における細菌の腐敗作用が主な原因です。
勿論、唾液中や、その他の口腔粘膜上でも腐敗作用は進行し、VSCを生産する
口腔粘膜細胞は脱落すると、まず、唾液と共に嚥下運動により、あるいは、睡眠中の体位により、舌背後方中央部に舌苔として堆積する。この脱落上皮細胞に多数(100個)の細菌が付着する。

【舌苔除去が口臭予防や誤嚥性肺炎の予防になる理由です】
細菌はタンパク分解酵素により細胞の含流タンパク質(ケラチン等)を分解して、低分子化する。すると、アミノ酸のシステインから硫化水素、メチオニンからメチルメルカプタンが産生される。歯周病の口臭は歯周ポケットから生じるとされてきたが、舌背がその中心である。 歯周ポケットからも生産されるが、全SVCの半分以上は舌からのものである。確かに、歯周病の重症度が高いほど、硫化水素よりもメチルメルカプタンの割合が多くなるのは確かでは有る。この The University of British Columbia の Jeffrey M Coilの理論 のほかにUniversity of Michigan, School of Dentistry の Waiter J Loesche の解説 では
VSCは唾液、ポケットからの浸出液、血液、脱落上皮細胞中の含流アミノ酸、ペプチドを細菌が分解する事で生成される。

試験管実験では、グラム陰性の嫌気性菌が口臭を産生するとされている。
Fusobacterium nucleatum Treponema denticola
Prevotella intermedia Porphyromonas gingivalis
Bacteroides forsythus
これらが、メチオニンやシステインから、あるいは血清タンパクから、硫化水素
メチルメルカプタンを生産する。また、これらの細菌は舌背から検出されるものが多い。つまり、舌の菌叢は縁下プラークに似ている。

最も効果的な口臭治療は、機械的な舌の清掃と抗菌性洗口剤の併用である。
0. 12%のクロールへキシジン.グルコネートが効果が大きい。
但し、0.2%クロルへキシジンの1W間使用により、80%の人に副作用が現れた。
59% 味覚の変化
25%舌尖部の灼熱感
4%は組織の剥離や歯肉の痛みを訴えた
クロルへキシジンは使用方法には注意が要ります。
クロルへキシジンほど効果は期待できないが「リステリン」も有功です。

Listerine イギリスの外科医Listerによって開発された
抗菌剤として チモール、サルチル酸メチル、シオネール
メントールを含有する含嗽剤








このホームページの著作権は平田歯科医院に帰属します。
Copyright (c) 2002 Dental hospital HIRATA. All rights reserved.