奥田先生の講演会2008年8月10日




イントロ
日曜日の講演会の前日、とある場所でのよた話です。
今回診療報酬に新規導入された「GTR法」は、既に過去のもので、 あまり実施されていないことは誰しもが認めるところだ。それなのに、なぜ導入されたのだろうか?
厚生労労働省とゴアテック社の間に何かの密約がある?・・・それはないだろう・・?!。
厚労省はGTRに使うメンブレンの在庫一掃セールに加担しただけと勘ぐりたくなるのだが・・。
ともかく、今気になるのは、日本中でほとんど使用頻度がないことが、そのうち明らかになれば、 「折角、新規導入してあげたのに、歯科医はほとんど使用しないとなれば・・・ まだまだ日本の歯科医の技術が低いレベルにあるということで・・・、 今後は新たな保険導入に慎重にならざるを得ない・・・」等と厚労省に政策的に利用されかねないのではないか・・・という点だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮田先生報告記事
『歯周組織再生法の現状と最前線』 8月10日(日)
新潟大学医歯学総合研究科口腔生命科学専攻准教授、歯周診断 ・再建学分野、奥田一博先生をお迎えし、表記講演を開催した。 今春、診療報酬改定で歯周組織再生誘導手術(いわゆるGTR法)が導入され、 改めて注目を浴びることになった。
初めにGTR法の説明と症例提示がされた。歯周疾患の進行で歯肉付着の喪失となった場合、 新付着を期待して行われるGTR法は3壁性までの骨欠損、角化歯肉の存在、歯肉退縮が1mm以内であることなどの適応の制限や、 スペースを上手く確保してメンブレンを置く術式の難しさがあり、メンブレンの露出を来たしやすいなど欠点が多い。 ある程度の成果は上がっているが、適応の限界や問題点が明らかにされた。 GTR法による再生はセメント質と結合組織との付着であり、骨の再生までは難しいとの見解であった。
次にエムドゲイン法(EMD法)の紹介がされた。 メーカーによればエムドゲインとはゲル状のエナメルたんぱく質で、 露出した象牙質に塗布すれば無細胞セメント質を再生するという理論の材料であり、 PH7の環境下に置かれると不溶性の性質になり安定する。メーカー発表では約8割が成功するという触れ込みである。 エムドゲイン法では特に歯根膜と骨に有利に働き、歯肉の上皮増殖を抑制し、歯周組織の再生に有利に働くということである。 また、奥田先生等の研究では、エムドゲインは歯牙発生学で言われるようなアメロジェニンではなく、 増殖因子(TGF−β)であるとの結論がされた。 また、歯周組織細胞の種類により増強または抑制的に、選択的に作用する特徴があり、 特に上皮細胞の増殖を抑制する作用が臨床上有効に働くのではないかとお話された。 新潟大学の臨床結果ではポケットの減少成果、歯肉付着もGTR法より結果がよく、 浸出液が少ないため歯肉の直りがいいとの提示がされた。実際の術式ではGTR法で使用するようなメンブレンは不要であり、 熟練度が必要なGTR法よりも優れているのではないか。
最後に「細胞医療」と言うべき「骨膜培養シート法」が紹介された。 患者さん自身の骨膜(自家細胞)を少量採取し、ある環境下で約60日培養した培養 骨膜を使用して再生誘導を行うものである。具体的な術式は、細胞増生の足場と してハイドロキシアパタイト顆粒(HA)と多血小板血漿(PRP)を混和し、骨欠損部に充填、その上から培養骨膜で覆うというものである。 PRPはそれ単体でも骨再生能力があり、上皮細胞の増殖が抑制されるというものである。 新潟大学での試験結果ではHA+PRP二者だけのものよりも、培養骨膜+HA+PRPのほうが断然成果がよく、 ポケット減少・アタッチメントロス改善・骨の増生が見られた。 これは培養骨膜から放出される「増殖因子」が良好に働いた結果であろうという見解がされた。 現在新潟大学では、骨膜の培養は本格的な無菌室で行われているが、診療室で使用可能な簡易培養キットを開発中であり、 使い将来製品化され数年後には骨膜培養が現実のものになるように努力中というお言葉で本講演を締めくくられた。










このホームページの著作権は平田歯科医院に帰属します。
Copyright (c) 2002 Dental hospital HIRATA. All rights reserved.