土曜くりにっく「歯周病と全身疾患」最終稿A




 A歯周病によって生じる物質が引き起こす疾患

女性は月経を繰り返すたびに、女性ホルモンの増減があることはよく知られています。
また、妊娠すると何十倍にもなるホルモンもあり、 それは血液を介して、歯周ポケットの底からも湧き出てきます。
厄介なことに、ある種の歯周病菌はそのホルモンをエサとして、 猛烈に増殖することがあります。
そして、その菌は子宮の筋肉を収縮させるホルモンを多量に分泌するので、 こんどは血液を介して、ホルモンを子宮に作用させる役目をしてしまいます。
つまり、早く出産させる仕組みを働かせるというのです。 歯周病と全身疾患との関与の一つ『早産・低体重時出産』を引き起こす 可能性が指摘された理由がこれです。

糖尿病もこのタイプで、科学的根拠は他と比べて高いものがあります。
一般に歯周病のような炎症が体内にあると、さまざまな物質が炎症性細胞から分泌されます。
それらは血中の糖を分解する『インスリン』の作用を妨害し、効きにくくします。
また各種のストレスホルモンも分泌が盛んになり、 肝臓で糖をたくさん作るように作用します。
つまり、両者とも血液中の糖分を必要以上に高くしてしまいます。
そして、この糖は血液中のある種のタンパク質と結びついて、 いろいろと体に害を与えるような働きをするので糖尿病を悪化させるようになります。
また、逆に糖尿になるとバイ菌をやっつける白血球も機能が低下するので、 歯周病菌などのバイ菌をはびこらせる原因にもなります。
糖尿病の合併症の一つに歯周病がクローズアップされるようになったのも納得できます。
つまり、糖尿病と歯周病はお互いに密接な関係があるとされているのです。

少し、テーマとは離れますが、ごく普通の歯周病の原因菌は、 「腐敗臭」の原因になる物質を放ちます。
したがって、歯周病も口臭の原因となり得ます。
もっとも、歯周ポケットに菌が溢れんばかりに溜まったまま放置されているような場合ですが。








このホームページの著作権は平田歯科医院に帰属します。
Copyright (c) 2002 Dental hospital HIRATA. All rights reserved.